振袖のレンタルを行う業者で働く為には?

2020年の東京オリンピックのこともあり、着物ブームになってきてます。着物業界では正社員を積極的に募集してます。特にレンタル着物店での採用が盛んです。

振袖のレンタルを行ってる業者で働くためには、多少なりとも柄や布地に関しての知識があるほうが借りる側が安心して借りられます。例えば、どんな種類の花の柄なのか、色の染め方の種類などを説明できることが望ましいです。知識が無いまま就職しても少しずつ学んで接客に生かせると仕事がはかどります。

また、着付けができることも必須です。勉強会や研修で学ぶことができるのであればそこで学ぶのが一番ですが、着付け教室に通うという方法もあります。会社が授業料を負担するケースがありますので入社前に確認してみましょう。

他に和装メイクというのがあります。着物の柄が派手だとメイクも明るめにしたほうが柄に負けない表情にできますし、着物が落ち着いた柄ならメイクは派手すぎないほうが良いのです。着物の色や柄に合わせたメイクが必要になります。
私が参考になったのが振袖レンタル菊京屋の神戸店でした。

和服美人で求められてるのが切れ長な目です。目じりにアイメイクを描いたり、目じりにつけまつげをつけるなどをすると雰囲気が出ます。まゆ毛は薄く描き、目じりを切れ長になるように線を引くのがコツです。振袖は若くて独身女性が着ますので、時代に合ったメイクや古風なメイクを勉強しておくと仕事しやすくなります。